精神科で働く看護師の仕事内容

精神科で働く看護師の仕事内容

精神科の看護師は具体的にどのような仕事をするのでしょうか?基本的には介助をすることになると思ってください。精神科に入院している患者を見てみると、精神疾患の影響で自力で日常生活を送ることが困難となっている人が多いです。そこで必要に応じて、食事の介助や患者の衛生面のケア、排せつの介助などを行います。薬を服用している患者の服薬管理の業務もあります。

 

その他に対人関係や問題解決能力を伸ばすためのサポートという業務もあります。これはほかの診療科目ではなかなか必要とされない能力かもしれません。精神疾患を抱えている人は、人間関係をうまく構築できない、問題が起きたときにパニックになってしまうといった症状を呈する人が多いです。そこでこれをスムーズにできるように、看護師がケアをしていくのです。

 

後精神科の患者の中には、自殺を試みたり、他人に暴力をふるったりするケースもあります。そこで患者の安全を確保するために、時には体を張る必要もあります。