精神科で働く看護師に必要なコミュニケーション能力

精神科で働く看護師に必要なコミュニケーション能力

看護師にとって、患者とのコミュニケーションをとって信頼関係を構築することはスムーズに業務を行うにあたって重要なことです。これはどの診療科目で仕事をすることになったとしても、同じことです。しかし精神科の看護師は、特にコミュニケーションが重要です。

 

精神科の看護師業務はセルフケアの援助や対人関係や問題解決能力を伸ばすためのフォローですが、いずれも業務を進めていくにあたってコミュニケーションが必要です。コミュニケーションをとって、信頼関係を構築しないと患者は皆さんに対して心を開いてくれなくなります。

 

精神科でしばらく業務をしていくと、コミュニケーションのノウハウを獲得できます。このため精神科の後で、ほかの診療科目に配置換えになったとしてもこのコミュニケーションスキルはきっとどこでも役立つはずです。看護師の基本となるスキルを獲得できるという意味では、精神科で仕事をして経験を積むことはプラスに働くはずです。